カテゴリ:業( 7 )

私は人形だから、痛くない

あたまぐるぐる



別れてからの私って

けっこう心が軽くなったって言うか

我慢したり

泣いたり

そんな毎日から解放されて

本当に気が楽だったと思う



逆にそれからの私は

現実感が無くて

ふわふわと

生きる実感をなくしてて

本気で笑ったり

泣いたりすることがなかった



毎日

嫌なことがあっても

なんだか

自分のことじゃないみたいに

ふわふわ

笑って

流して

消して

そんな風に生きていた




そんな自分を不安に思いながら

どうしようもなくて

ただ生きていた



今日

何か

久々に

胸が苦しくて

泣きたくて

泣けなくて



ああ



人が鬱陶しいなって




でも




其の分


自分が欲してる人もわかって





私は男の人が怖い

怖くて仕方ない


人として私と接してくれる男性はいい

女性として私に近づく人は怖い

女性としてじゃなく

女性器だと思ってるんでしょう。って

女性として、私は、魅力的な「パーツ」をもっているだろう


それを欲しがる

試したがる


やめて欲しい


私は怖い


彼らは私を使い捨てる

使い捨て

使い棄てる



コンドームみたいに

吐き出して

ぽい

ぽい





甘い言葉や

私をいたわる言葉を

いいながら

私を求める



あんな男のことは忘れなよ



と言って

同じこと




繰り返される


私にはそれが矛盾して思える

矛盾

でも彼らの中では

矛盾していない

欲望が正当化する



私なんて関係ない


もういらない

全部

壊れちゃえばいい




嫌がる私を抱いて

「ほら、本当は君はしたかったんだ」

って顔で

私をみる


嫌がっているのに

どうして

男は

私を

抱きたがるのだろう

引き下がらないのだろう



私を抱いた男は

私を抱いた男は

何で

私が

痛がっているのを

気持ち良さそうだと

思うのだろう



わからない



怖い



嫌がる私を抱いて

あなた達は気持ちが良くなる


吐き気がしない?

しないの?


当たり前?

私が全部悪いのね


殺してでも逃げればよかった?





私を初めて抱いた男みたいに

私を殴りつけて

地面に顔を擦りつけて

雨の降る冷え切った深夜の公園で

泣き叫ぶ私を殴りつけて黙らせて

恐ろしくて気絶した私を

抱いた男みたいに


お前達は


あいつみたいに

私に

暴力を

振っているとは

思わないのか?






私は怖い

演技

演技する

そうすれば早く満足して

彼らは私を解放する



私は私じゃなくなる

まるで誰か別の人を見てるみたいで

感覚も遠くて

私は人形になれる


私はあなた達を心で殺していく


もう二度と

あなた達の前で

私を見せたりしない

私は

人形



からっぽ








さようなら
[PR]
by playgirl69 | 2008-03-24 22:40 |

正しい人。

だいたい毎日7時半から4時まで働きます。

夜の。

家に帰って寝れるのがだいたい9時頃。

起きるのは大体夕方の四時頃。


六時半に家を出て、働き出す。


そのサイクルが週5~6


休みの日はオールでイベントに参加したり、友達と遊ぶ。

なぜか人の誘いは断われない。

休みの日が埋まっていく。

創作の暇はない。

電車の中でたまに文章を書く。

それぐらい。


堕落。


でもお金ないといろいろたいへんなことになる。


何のためにこれを選択したのか、という決定的な理由は、男関係だったんだけど、その男には逃げられてしまったので、私は体を内臓から蝕まれていく理由を見つけられないでいる。

さようなら、優しい人。

無責任なあなたに、教えてあげたい。

けど、そんなこと絶対にしたくない。

あなたはきっと嫌な顔をする。

私にはわかる。



あなたは優しい、無責任だから。



私は責めないし、あなたを責める権利も無い。

私が自分で選択したことだから。



さようなら、優しい人。

私はどんどん蝕まれていく。あなたはそれを知らない。

私が死んでも、あなたには分からない。

あなたは私が堕ちていっても、

「ああ、やはり関わらなくてよかった」と自分の選択の正しさを肯定するんだ。


あなたは正しい。

いつだって正しい。


あなたが正しいと感じているから、私に告げた暴言さえ正しい。


あなたの中ではいつも正しいことが行われている。

あなたはいつも正しい選択をしている。



わたしの心など関係ない。あなたはあなたが求める正しい行いをする。



そしてそれを確信して進んでいく。




私も。


あなたも。




いつだって自分が正しい。




だから、私は今を否定されたら、お前を許さない。
[PR]
by playgirl69 | 2008-02-16 08:52 |

逝きはよいよい 還りはこわい

この季節ってむちゃくちゃです。


淋しさがあつまってくる。



もうすぐ満月。


おかしくなちゃう。


わたしはどうぶつ。

おかしくなっちゃうから。。。

おかしくなっちゃうから。。。


まんまるお月様



見られて


跳ねる。



ああ。



行き場の無い陽炎の夢が

月影に侵食して私を眠らせない

夜の闇が朝日を侵食して

私を目覚めさせない


白昼夢に溶けて

現実から逃げよう


子宮が叫ぶ

「まんまるお月様!私は生きています!」


暴れる

子宮が

暴れて

私が壊れる



破れて爛れて

膿み落とす



膿まれるのは私



産まれて熟み膿まれて埋められる





逝きはよいよい

還りはこわい




とおりゃんせ
とおりゃんせ


とおりゃんせ?

とおりゃんせ?




温かな

子宮に

溶けて

しまえばいい


やわらかな

乳房に

息を詰まらせて


この体に体をうずめて

逝きましょう

逝きましょう





子宮が啼いて月を呼ぶ

子宮は泣いて溢れ出す


もうすぐ満月 月を呼ぶ

もうすぐ満月 次を呼ぶ




満月お月様 見て 跳ねる




見て 見て 見て 見て

お月様

見て 見て 見て 見て

お月様


跳ねる跳ねる

1人で跳ねる

跳ねて跳ねて

白目を剥いて

跳ねて跳ねて

1人で果てる






とおりゃんせ

とおりゃんせ


とおりゃんせ

とおりゃんせ
[PR]
by playgirl69 | 2007-11-22 02:22 |

世界が全て貴女のようならいいのに

辛い思いも全て愛おしいと思うこの性質が
ある意味ではこの最低な虚しさを持ち上げる
自らの糧になるのだとも思う私である

夢が空を飛ぶ

私にはなれない私が居る
それは誰もが認める私なのだが
それは私自身が成りたい私なのだ
それは虚像だ私と言う名の虚像だ

繋がらない糸の端

私の全ては君であることを認めよ
君の言う私が居れば私はきっと
全てを知ることが出来るのだから

出来るそれは私であり
出来ぬそれは私である

君の見る私が君であり
私の見る君が私である



「あなたは誰なの?」

と問う私の言葉にあの人はこう答えた

「僕は君だよ」


「貴方は私じゃないわ」

「いや、君は僕だし、僕は君だ」

「どうして」

「君の見ている世界は?」

「私の見ている世界・・・?」

「そう。それは何?」

「私」

「そう、だから僕は君なんだよ」



貴方が居なくなった

貴方は世界の一部だったのに

私が消えた

私はまた私を探す

私の欠片を探すの







言葉として投げかけるか
言葉として放るのか
言葉として置くのか
言葉として残すのか
言葉として渡すのか
言葉として繋ぐのか
言葉として愛でるのか
言葉として懐かしむのか
言葉として理解するのか
言葉として与えるのか
言葉として伝えるのか
言葉として味わうのか
言葉として望むのか
言葉として越えるのか
言葉として始まるのか
言葉として終わるのか





君の魂が振れる






私が触れたその魂の薄絹の膜を破り捨てて












飲み込んで












貴方の魂に触れる











































ぞくぞくする
[PR]
by playgirl69 | 2007-07-12 23:03 |

掌の世界

今日はある人の手相を見た

久し振りにフィーリングの合う手相に出会い、彼女のさまざまなものが見えてきた。

私はありのままに、そして、彼女がこれからどういう風に悩むのかを伝えた。


心が開放されたのだろうか

シンクロしすぎたのだろうか

彼女の涙が止まらない様を見て

私はとても困惑した


人を占っていていいのだろうか


もちろん傷つけたわけでもないし

何かを与えたわけでもない

だが、人を占うということに対して

もっと真摯に立ち向かいたい

彼女の涙を私は拭えない

私は彼女の涙を見守るだけだ


私はただ、感じたことをいい

それにたいしての、ささやかなアドバイスをしただけである

これをしなさい、あれはしてはいけない、

私はそういう占いはできない

それは占いともいえないと思う

人間は言葉に惑わされて真実を見失う

私には「今の状態からみえる未来」しか分からない

「今感じている過去」のことしか分からない


だから修行したい



演劇を続けるのか

修行をするのか



本当に迷う



私の掌は何て言ってるかな
[PR]
by playgirl69 | 2007-07-12 22:26 |

樹海の奥の

この深い樹海の中にいる

私に手を差し伸べた貴方

私は貴方を樹海に誘った


雨の降り続く樹海の中で

貴方は私に傘をくれた


私は傘を捨てた

貴方に触れていたくて

貴方に守って欲しくて

貴方は濡れた

私をかばって濡れた



私はさらに険しい樹海に誘った



私の宝物を見せたくて

宝物はもうすぐよ
貴方に見せたいものがあるの
貴方にだけ見せたいものがあるの

振り返ると

貴方が走り去るのが見えた



樹海から逃げ出して

私を置いて逃げ出して

どこに行ったの

貴方の服も荷物も此処にあるのに

心だけどこに行ってしまったの?



樹海からは逃げられたの?

樹海からは抜け出せるの?



どうして私を置いて逃げたの

2人で行けば怖くないのよ

怖くないの

怖くないのに




貴方となら怖くなかったのに
[PR]
by playgirl69 | 2007-07-12 01:19 |

声も知らない貴方へ

貴方は痛みにこだわる

貴方は痛みを求める

私を知るために自分を痛めつける

限界まで痛めつけないと私と対等になれないと言う

究極の痛みを求めるその業は何だ


私は全て欲しい

痛みも喜びも愛も憎しみも快楽も絶望も死も生も

私は貴方みたいに痛みだけなんて欲しくない

痛みだけなんていらない

痛みを伴う愛と快楽なら欲しい

愛を伴う絶望なら欲しい

快楽を伴う死なら欲しい



全部欲しいんだ



私を理解するために

私と対等になるために

貴方はそんなに苦しまなくていい

その苦しみを喜びに変えればいい
[PR]
by playgirl69 | 2007-07-12 00:50 |